WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

記事を複製して書けるWordPressプラグイン「Duplicate Post」

この記事は約2分5秒で読めます

WordPress Plugin Duplicate Post
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

投稿記事と固定記事を複製(コピー)できるWordPressプラグイン「Duplicate Post」をご紹介します。

WordPressに限ったことではないですが、テンプレート(ひな形)を作って記事を書くことってよくあることだと思います。

同じジャンルの記事を書くときなど、決まった画像を使ったり、決まったテーブルを表示したりすると思います。

記事のタイトルや記事内容だけならまだしも、カスタムフィールドなども一緒にコピーしたいとなると大量に記事を書きたい場合など不便です。

そんな時に「Duplicate Post」を使えば作業を短縮することができるので便利です。

Duplicate Postプラグインのインストール方法

WordPressの管理画面から検索してインストールします。もしくは、WordPress.org からダウンロードして、そのままアップロードしてインストールします。

WordPress管理画面 プラグイン 新規追加 Duplicate Post」で検索

Duplicate Postの使い方

Duplicate Postを有効化すると投稿記事一覧画面に次の「複製」「新規下書き」の項目が追加されます。
詳細設定は後で説明します。

WordPress Plugin Duplicate Post 01

複製

複製をクリックすると、記事を複製して下書き保存されます。

新規下書き

新規下書きをクリックすると、記事を複製して、記事の編集画面を表示します。
すぐに記事を書き始めたいときはこちら。

Duplicate Postの詳細設定

ダッシュボードの左メニューの「設定」から「Duplicate Post」を選択します。

投稿日もコピーする

複製元の投稿時間をコピーする場合にはチェックをつけてください。
デフォルトでは投稿時間に現在時刻が設定されます。

ステータスをコピーする

投稿一覧から複製する時に、複製元の投稿ステータス (下書き、公開済み、レビュー待ち) をコピーする
デフォルトでは下書きとなります。

抜粋をコピー

複製元の抜粋をコピーする
デフォルトでは抜粋をコピーします。

メディアファイルをコピー

複製元のメディアファイル(添付ファイル)をコピーする
デフォルトではコピーしません。また、実際のファイルはコピーされません。

子ページをコピー

複製元の子ページをコピーする
デフォルトではコピーしません。

コピーしないカスタムフィールド

コピーしないカスタムフィールドをカンマ区切りで入力してください
デフォルトではカスタムフィールドはコピーされますので、
「カスタムフィールド1,カスタムフィールド2」と言った感じでコピーしたくないものを除外できます。

コピーしない分類

  • カテゴリー
  • タグ
  • フォーマット

デフォルトではコピーされます。

タイトルの接頭辞

複製元のタイトルの前に追加する接頭辞 例: “複製した記事” (空欄の場合、接頭辞は付きません)

タイトルの接尾辞

複製元のタイトルの後に追加する接尾辞 例: “複製した記事” (空欄の場合、接尾辞は付きません)

複製可能な権限

  • 管理者
  • 編集者
  • 投稿者
  • 寄稿者

記事の複製ができるユーザーを設定できます。
デフォルトでは管理者、編集者のみ可能です。

リンクを表示する場所

  • 投稿一覧
  • 編集画面
  • 管理バー (WP 3.1+)

デフォルトでは上記のリンクが表示されています。

さいごに

記事を複製するシンプルなプラグインですが、使う人にとってはとても便利なプラグインです。
ぜひ有効活用してみてください。

関連記事

  1. 【WordPress】 HEAD、CSS、JavaScriptカスタムウィジェット
  2. wordpress
  3. アクセサリー ビーチ 青 女性 フリップフ ロップ 帽子 休日 レジャー 海 砂 サンダル
  4. ランダムでサムネイル表示
  5. WordPressコメント メールアドレス任意入力
  6. MacBook Airのキーボードを入力する手

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー