WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

あなたのWordPressユーザー名は丸分かり!? Adminを変更しても簡単にユーザー名が見える問題の対処法まとめ

この記事は約2分49秒で読めます

こんなはずはなかった。
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

WordPressを始める際に『初期ユーザー名の「admin」を変更しましょう!
と書かれているサイトをよく見ますよね。

しかし、これはまったく意味がないのです!

試しにドメイン名に/?author=idを入力してアクセスしてみてください。
id 0以上の数値を入れます。

私のブログの場合だと
http://www.starlod.net/?author=1

とアクセスすると投稿者アーカイブ(ユーザー別投稿記事一覧)が表示されます。
※ヒットしない場合は数値を2, 3, 4・・・と上げていくといつかヒットします。

http://www.starlod.net/author/username

URLを確認してみてください。
usernameにあなたのユーザー名が表示されているはずです。
※私のブログは対策済みなので、実際のユーザー名と異なります。

投稿者アーカイブ(ユーザー別投稿記事一覧)は個人ブログに必要か?

一人で書いているブログに投稿者アーカイブが必要かどうか。
複数人で書いているブログであればあると便利だと思いますが、一人のブログではあまり意味はなさそうです。

投稿者アーカイブ(ユーザー別投稿記事一覧)を生成しない方法

投稿者アーカイブは表示しない方法を解説します。
複数人で記事を書いているブログや投稿者アーカイブページが必要な方は「Edit Author Slugプラグイン」を使う方法をお試しください。

投稿者アーカイブページへのアクセスを404ページへリダイレクトする

上記のソースをfunctions.phpへ追記してください。
404エラーページを表示するか、トップページを表示するかはお好みで設定ください。

投稿者アーカイブページを生成しない設定

上記のソースをfunctions.phpへ追記してください。

この設定を反映させるには
WordPress管理画面 > 設定 > パーマリンク設定 > 変更を保存
パーマリンク設定の空更新する必要があります。

functions.phpに追記しただけではデータベースの更新は行われません。
パーマリンク設定の空更新からリライトルールを再生成してデータベースに保存する必要があります。

詳しくは参考サイトをご覧ください。

参考サイト

関数リファレンス/WP Rewrite|WordPress Codex 日本語版

Edit Author Slugプラグインで投稿者アーカイブページのユーザー名を変更する

Edit Author Slugプラグインは投稿者アーカイブに表示される「Author Slug」の値を別の値に変更できるプラグインです。
投稿者アーカイブを表示するアドレスのユーザー名を変更できます。ぜひ導入しましょう!

Edit Author Slugプラグインのインストール方法

WordPressの管理画面から検索してインストールします。もしくは、WordPress.org からダウンロードして、そのままアップロードしてインストールします。

WordPress管理画面 プラグイン 新規追加 Edit Author Slug」で検索

投稿者アーカイブのスラッグを変更する

Edit Author Slug Author Slug

WordPress管理画面 > ユーザー > あなたのプロフィール

プロフィール詳細画面の一番下にEdit Author Slugの設定項目が追加されています。
Custom: で好きな名前を指定できます(私はツイッターアカウントにしてみました)

Edit Author Slugの設定

Edit Author Slug Settings

WordPress管理画面 > 設定 > Edit Author Slug

Author Base
Edit Author Slug Settings Author Base

投稿者アーカイブのベースURLの設定ができます。
http://www.starlod.net/author/username

デフォルトはauthorです。

Role-Based Author Base
Edit Author Slug Settings Role-Based Author Base

「Role-Based Author Base」にチェックを入れると「Role Slugs」が表示されます。
権限ごとにAuthor Baseに設定した文字を付加できる設定だと思います。
不要だと思うので、ゆとりっちでは「Role-Based Author Baseのチェックを外しています。

Automatic Author Slug Creation
Edit Author Slug Settings Automatic Author Slug Creation

「Automatically Update」にチェックを入れると「Author Slug」が表示されます。
プロフィール側で更新された場合にスラッグが選択した項目をもとに自動で更新されます。

ゆとりっちでは「Automatically Updateのチェックを外しています。

関連記事

  1. クッキー 型抜き
  2. WordPress 子テーマ 解説
  3. 鮮やかな色鉛筆
  4. WordPress Popular Postsの使い方
  5. Webサイト構築を依頼したときにかかる費用
  6. Gravator

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー