WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

CentOS 6.4へWordPress 3.9.1をインストール

この記事は約2分1秒で読めます

wordpress

ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

このブログができるまでの道のりを残します。
新しいブログを作る際の覚書です。

完全に私のための記事となっております。

CentOS 6.4へWordPress3.9.1を導入

インストール条件

Apache, MySQL, PHPはインストール済みとする

MySQL データベース作成

  1. root権限でログイン
  2. 「diary」データベースを作成
  3. 「diary」ユーザーを作成(パスワードは内緒♪)

WordPress インストール

  1. wget で WordPress ダウンロード
  2. unzip で WordPress zipファイルを解凍
  3. mv で 解凍した「wordpress」→「diary」へ名前変更
  4. mv で 公開ディレクトリへ移動
  5. chown で Apacheに所有権を与える
  6. rm で 不要となったダウンロードファイルを削除する

WordPressの設定

「diary」ディレクトリ直下の「wp-config-sample.php」
「wp-config.php」へ名前を変更する。(不安な方はコピーして作る)

  1. ‘database_name_here’ → ‘diary’ 作成したDB名を入れる
  2. ‘username_here’ → ‘diary’ 作成したユーザー名を入れる
  3. ‘password_here’ → diary ユーザーのパスワードを入れる
  4. 認証用ユニークキーを取得してコピー&ペースト

上記の設定を行えばWordPressのインストールは完了です。
こだわり派の私はさらに下記の設定を付け加えます。

ファイルのオーナーチェックをしない

wp-config.phpファイルの下の方にある「編集が必要なのは~」
を探して上記の記述を追加してください。

この設定を行うことで
WordPressの更新やプラグイン、テーマの追加をする際などに
FTPの接続情報を設定していなくても動作するようになります。

WordPress 初回アクセス

URL:http://www.starlod.net/diary/

WordPress 初回アクセス サイト生成

初回アクセス時は上の画面が表示されます。

  • サイト名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力してください。

ちなみに
プライバシーのチェックを外すと
検索で表示されなくなるので非公開なサイトはチェックを外します。

アクセスされなくなると困るので
通常はチェックを入れたままで進みましょう。

URL:http://www.starlod.net/diary/wp-admin/

WordPress 管理画面

WordPressの管理画面になります。

私の作業画面ですね。
この画面から
記事を書いたり
画像をアップロードしたり
テーマを変更したり
プラグインを入れたり

色々できちゃいます!
めちゃくちゃ楽しいです!

ちなみにサイトのアドレスは

http://www.starlod.net/diary/
http://www.starlod.net/

と短くなるように変更しました。

関連記事

  1. コピーの正確さと速さなら誰にも負けないある意味ナンバーワン女性社員
  2. WordPress SNS連携 プラグイン SNAP
  3. 木漏れ陽と光
  4. A8.net アフィリエイト初心者セミナー
  5. パソコンから遊ぶ!剣と魔法のログレス いにしえの女神
  6. 女性,ユニット,SALBIA,SARY,サルビア,悩み,苦悩,頭痛,表情

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー