WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

段落の最初にインデントを1文字分付ける方法

この記事は約2分7秒で読めます

アヒルちゃんと英文紙
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

「段落の文頭には、一文字空ける。」

作文を書くときやネット小説などを見ると段落ごとに1文字分空けて書きますよね。

段落の文頭に一文字空けることは日本語の基本ですよね。
わたしも小学校のころに作文や読書感想文を書くときに教わりました。


段落の文頭で一文字下げることによって
ひと呼吸の『間』を演出して文章が読みやすくなる効果があります。

段落の一字下げについて

単純に全角スペースを入れても同じように表示されます。

ただ、毎回全角スペースを入れるといった作業より
スタイルシートで段落があれば最初に一文字空ける

ように設定した方が便利なので紹介します。

特に小説サイトや文章メインのサイトでは非常に効果的です。

段落タグに一文字スペースを空ける方法

スタイルシートの設定

上記のコードをスタイルシートに追加してください。
この設定で全ての段落タグに一文字分のスペースが付きます。

記事内での使用例

実際の表示例

小屋はセロのせいせい窓たちが室を吹き出いちどまします。

するとどう普通たたというゴーシュななかっ。だめましたのますもたまた曲のいい気館のためをはやっとくたくたたなて、君までセロにつぶっれのたまし。するすぎ何はおっかさんをまるくましてさっきのあとの羽どもを云い第二ヴァイオリンたちのおじぎがして行っうたい。ゴーシュは一番していましょ。

楽屋も六弾い本気のようを引きさいどいまし。つぶは先生ゴーシュとこれに済ましちゃいるた。

ドレミファはねずみでとてもにはいっでねずみにパンのようにもぐり込みてへんにいんて一寸むとそっくりゆうべのとおりぐんぐんを教わっていで。まるできっと外国がゴーシュをあけよたう。みんなすぐに孔をつけるてマッチのとまったな。さきをかついたない。

「口をなんた。

勢、ぼくに孔。つれ。」

そこはひとつのなかのしばらく半分のなかがなったた。窓もゴーシュをご沢山をとってベロリを係りをやっでもう一生けん命休んれたなかを帰っました。

ようよう失敗わからが、くわえてかじっがくるないてゴーシュでそこで眼へどうも枚困るたた。「セロいただい。慈悲をするなく。どなりつけの。

何はそれを交響楽へこねてまでしめ鳥はよく方ですてかい。」これも愉快そうにやめてよ畑勢を知らやまし楽長の勢をきてまえたりいっといるない。遁はつけるて風へ考えでしょまし。どこはどんとからだはいいんましがねずみはちょっとないことですでし。

※文章は宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」から

「em」はfont-sizeプロパティの値を1とする大きさです。
フォントサイズに合わせてスペースの幅も変わります。

「p」は「paragraph(段落)」を意味するタグです。

さいごに

私のサイトは特に文章メインのサイトではないので使うか悩んでいます。

私の場合は改行することで読みやすさを出していますので、併用すると崩れた感じになっちゃいます(笑)
ネット小説でも書くことになったら使ってみたいと思います。

Web文章では一字下げより一行空けて読みやすくする方法もよく使われています。
「p」タグに余白を設定する方法も紹介しているのでよかったら参考にしてください。

→ ブログ初心者がカン違いする!段落、改行タグをわかりやすく解説する

関連記事

  1. アクセサリー ビーチ 青 女性 フリップフ ロップ 帽子 休日 レジャー 海 砂 サンダル
  2. ドトールコーヒー
  3. ブログアクセス数がどんどん増える!記事の書き方~基本編~
  4. 段落、改行タグの正しい使い方

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー