WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

【Symfony2】エンティティにビューを参照させる方法

この記事は約1分1秒で読めます

symfony2
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

Symfony2でテーブルではなく、ビューを参照したいときにどうすればいいのか分からなかったので備忘録として残します。
まずは、通常のテーブルを作成してエンティティを生成してCRUDをコマンドで作ります。

環境

Symfony2 ver2.5.8
Oracle11g ver11.2.0.4.0

Symfony2でテーブルではなく、ビューを参照してエンティティを作る方法

テーブルとビューをSQLPlusで作成する

テーブルからエンティティを生成する

ビューだとデータベースからエンティティを自動生成することができなかったのでテーブルからエンティティを生成します。

エンティティからゲッターセッターを生成する

エンティティからCRUDを生成する

ブラウザからTestTableにアクセスして一覧、詳細ページが表示されることを確認する
–with-writeオプションを付けていないので、FormTypeや挿入、更新、削除機能は生成されません。

参照先をビューに差し替える

エンティティ内でテーブルをアノテーションで参照しているので、ここを書き換えるだけです。
再度、ブラウザから一覧ページと詳細ページが表示されるか確認してみてください。

さいごに

ビューから直接エンティティを生成する方法などありましたら教えていただけるとうれしいです。
この方法でも特に面倒ということではありませんが・・・正式なやり方ってあるのかな?
情報求む。

Symfony2おすすめ書籍

関連記事

  1. 第2回!神田ラウンジ勉強会 WordPress Symfony2
  2. Symfony2 MonologからSlackにメッセージを送る
  3. symfony2
  4. symfony2
  5. Symfony2 blogチュートリアル 06 テーブルスキーマとエンティティクラス
  6. symfony2

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー