WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

【Symfony2】Twigのひな形を作ってみた

この記事は約1分17秒で読めます

symfony2
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

新しくSymfony2でサイトを作ろうとすると、一から作っていく訳ですが、ひな型となるテンプレートを用意しておけば効率的だし、プロジェクトで使い回せばいいんじゃないかと思いました。
とりあえず、骨組みができたのでよかったら参考程度に使ってみてください。

base.html.twigを変更

大元となる、base.html.twigはこんな感じです。
HTML5で書くならもっと短くなりそうです。

ここには文字コードやファビコンなど、まず変更されないような設定を記述します。

layout.html.twigを新規作成

viewディレクトリ直下にlayout.html.twigを作成します。
base.html.tiwgに記載してもいいのですが、ディレクトリを結構跨ぐのでアクセスしやすいように新しく作っています。

ファイル名の通りですが、全体のレイアウトをこのファイルに定義します。

個々のテンプレートファイルを作成する

個別のテンプレートはこんな感じです。
layout.html.twigを継承してください。

補足

style.csscommon.cssの2つの共通CSSが読み込まれていますが、
style.cssはデザイナーがいじる
common.cssはプログラマーがいじる

という風に使い分けています。

さいごに

私は大体こんな感じにコーディングしています。
共通部分と個別の部分を分けて作成できるので、効率よく書けるのではないかと思います。

個別のページで親で定義したブロックを子で作ったら子のブロックが上書きされるイメージです。
何も定義しなかったら、親のブロックがデフォルトで使われます。

ちなみに子で定義して何も書かなかったら親のデフォルトを上書きして空になるので、ここのページでは表示したくないというときに使えますね。

他にもこうしたらいいよ! というやり方があればぜひコメントください!

Symfony2おすすめ書籍

関連記事

  1. Symfony2 KnpPaginatorBundleで全件数を取得する
  2. symfony2
  3. symfony2
  4. Symfony MonologでSQLクエリーを出力
  5. 基本からしっかり学ぶ Symfony2入門
  6. Symfony2 blogチュートリアル 02 Symfony ディレクトリ構造

PR

カテゴリー