WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

blogチュートリアル 基本(6) テーブルスキーマとエンティティクラス

この記事は約1分55秒で読めます

Symfony2 blogチュートリアル 06 テーブルスキーマとエンティティクラス
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

Symfony2のブログチュートリアルの第6回目です。
今回はテーブルスキーマ(Schema)とエンティティ(Entity)クラスです。

Symfony2 blogチュートリアル

日本Symfonyユーザー会さんのblogチュートリアルに沿って、進めていきたいと思います。

* リンクなしの記事はまだ書いてません。追々書きます。この記事をシェアしてくれたらモチベーションあがります!

* まだ書いてない記事は気分によって順番が前後する場合もあります。


動作環境

Mac環境

  • Mac: OS X EI Capitan 10.11.1
  • PHP: 5.6.10
  • MySQL: 5.6.13
  • Apache: 2.4.16
  • MAMP: 3.4
  • Symfony: 2.7.6

Windows環境

  • Windows: 7 Professional
  • PHP: 5.5.9
  • MySQL: 5.6.16
  • Apache: 2.4.7
  • Symfony: 2.7.6

さくらのVPS(CentOS)環境

CentOSはMacと同じコマンドで確認できました。

  • CentOS: 7.1.1503
  • PHP: 7.0.0RC7
  • MySQL: 5.6.27
  • Nginx: 1.6.3
  • Symfony: 2.7.6

Postエンティティの作成

ブログで書いたデータを保存するためにはまずテーブルを作る必要があります。

Postテーブル定義

論理カラム名 物理カラム名 データ型 桁数 制約
ID id int 11 PRIMARY KEY
記事タイトル title varchar 100 NOT NULL
記事内容 body longtext
登録日 created_at datetime NOT NULL
更新日 updated_at datetime NOT NULL
削除日 deleted_at datetime

エンティティクラスとテーブルスキーマの作成

これからPostテーブルの作成とPostエンティティを作る訳ですが、2通りの方法があります。

  • エンティティクラス → テーブルスキーマ
  • テーブルスキーマ → エンティティクラス

どちらで作るかは好みが分かれそうですね。

エンティティからテーブルスキーマを生成

通常はこちらの方法です。
Postエンティティクラスをコマンドで生成します。
次にエンティティクラスからテーブルスキーマを生成します。

次回の記事

既存のテーブルスキーマからエンティティを生成

既にPostテーブルを作成している場合はこの方法になります。
既存のテーブルからエンティティを生成できます。

次々回の記事

Symfony2,PHP オススメ書籍

関連記事

  1. symfony2
  2. symfony2
  3. symfony2
  4. Symfony2 Monolog
  5. symfony2
  6. symfony2

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー