WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

blogチュートリアル 基本(2) Symfony2のディレクトリ構造

この記事は約1分2秒で読めます

Symfony2 blogチュートリアル 02 Symfony ディレクトリ構造
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

Symfony2のディレクトリ構造について簡単に説明します。
どのディレクトリがどんな役割があるのかなんとなく分かってくれれば良いと思います。

Symfony2 ディレクトリツリー

Symfony2のディレクトリ構造は次のようになります。

リリース時に不要なファイル

UPGRADE-*.*.mdファイルはSymfonyの旧バージョンからアップデートする場合の注意事項が記載されています。
リリース時には不要なので削除してokです。

ルートディクレトリ、ファイルの概要

名称 概要
app 主にプロジェクト全体の設定、キャッシュ、ログ、ベーステンプレートファイルなど
bin Need not to know.
src 自分のソースコードを書くトコ
vendor Symfony本体、及びcomposer.jsonファイルに追加したバンドルなど。
web 公開ディレクトリ。ApacheなどでwebディレクトリをDocumentRootに設定する
composer.json ライブラリの管理設定ファイル。
composer.lock 実際にインストールしたライブラリのバージョンリスト。これにより複数人で開発するときも同じバージョンに合わせることができる。

Symfony2 blogチュートリアル

日本Symfonyユーザー会さんのblogチュートリアルに沿って、進めていきたいと思います。

* リンクなしの記事はまだ書いてません。追々書きます。この記事をシェアしてくれたらモチベーションあがります!

* まだ書いてない記事は気分によって順番が前後する場合もあります。


Symfony2,PHP オススメ書籍

関連記事

  1. symfony2
  2. symfony2
  3. Symfony2 Twigでログイン状態を判定する
  4. symfony2
  5. symfony2
  6. symfony2

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー