WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

「Sublime Text 3」のスタイル設定をする

この記事は約3分16秒で読めます

コードが書かれたモニター
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

スタイルの設定

基本設定(Preferences) → Setting – User

変更前:Preferences.sublime-settings

変更後:Preferences.sublime-settings

「Preferences.sublime-settings」のファイル内容を上記のコードに差し替えます。
「”ignored_packages”:[“Vintage”]」は下から入っていた設定です。

項目 説明
“font_face”: “Consolas” 「Consolas」フォントが一番気に入りました。
“font_size”: 12 フォントサイズは10~13あたりがいいと思います。
“line_padding_top”: 4 行間は4が個人的に見やすかったです。
フォントやフォントサイズによって変わってくると思います。
“tab_size”: 4 タブのサイズ(2 or 4)
“draw_white_space”: “all” タブやスペースを表示
“translate_tabs_to_spaces”: true タブをスペースに変換
“trim_trailing_white_space_on_save”: true 末尾のスペースを保存時に削除
“highlight_line”: true アクティブな行をハイライト表示
“highlight_modified_tabs”: true 未保存のタブをハイライト表示
“show_encoding”: true 文字コード情報を右下のステータスバーに表示
“show_line_endings”: true 改行コード情報を右下のステータスバーに表示
“word_wrap”: false 自動改行(falseは無効)
“default_encoding”: “UTF-8” デフォルトのエンコーディングの文字コード
“fallback_encoding”: “UTF-8” 文字コードが不明なファイルのエンコーディングの文字コード
“ignored_packages”: [“Vintage”] [] に変更するとVimモード

Vim互換モードは使ったことがないので
どういう動きになるのかわかっていません。

詳しい方教えろください。

trailing_spaces.sublime-settings

「Package Control」から「Install Package」を選択する

Sublime Text 3 Package Control Install Package

「Preferences」→「Package Control」
「基本設定」→「Package Control」※日本語化した場合

Install Package」と入力して選択しましょう。

Ctrl + Shift + P のショートカットでコマンドパレットを表示できます。

Package Control: Install Package」を入力して選択する。

「Install Package」で「TrailingSpaces」を選択

TrailingSpaces」を選択してインストールする

基本設定 → Package Setting → Trailing Spaces → Setting – User

「Sublime Text 3」のテーマを変更する方法

Sublime Text 3 Theme Default

Sublime Text 3 デフォルトテーマ

デフォルトのままでも美しい「Sublime Text 3」を好きなテーマに変更することができます。
私は「Theme – Nil」テーマが気に入ったので使用させていただいています。

テーマのインストール方法

「Theme – Nil」の公式ページに詳しく書いてあります。
英語が読めない私のためにテーマの設定手順を紹介します。

他のテーマでも同じように設定できると思います。

「Package Control」から「Install Package」を選択する

Sublime Text 3 Package Control Install Package

「Preferences」→「Package Control」
「基本設定」→「Package Control」※日本語化した場合

Install Package」と入力して選択しましょう。

Ctrl + Shift + P のショートカットでコマンドパレットを表示できます。

Package Control: Install Package」を入力して選択する。

「Theme – Nil」を入力して選択する

Sublime Text 3 Theme - Nil

Theme – Nil」と入力して選択し、インストールを行います。
インストールしただけではテーマは変更されてないので設定ファイルでテーマを指定します。

Preferences.sublime-settings

基本設定 → Setting – User → Preferences.sublime-settings
最初にフォント設定をしたファイル(Preferences.sublime-settings)にテーマ設定を追記します。

「Theme – Nil」は2テーマ用意されています。

Nil
Sublime Text 3 Theme - Nil

“theme”: のコードを追記してください。
私はこのNilテーマを使ってます。

Ayin
Sublime Text 3 Theme - Ayin

Ayinテーマが良い場合はこちらのコードを追記する感じで簡単に変更できます。

Sublime Text 3 の関連記事

  1. 恋に落ちるエディタ「Sublime Text 3」を導入したら恋に落ちました!
  2. 「Sublime Text 3」の日本語入力をインライン化する方法を画像付きで紹介
  3. Shift-JIS等の日本語のファイルを「Sublime Text 3」で開くと文字化けするときの解決法
  4. 【現在の記事】「Sublime Text 3」のスタイル設定をする
  5. 【まとめ】Sublime Text 3 導入~カスタマイズ設定まとめ。
  6. 複数行の文字列を一瞬でカンマ区切りに囲って1行にするテクニック|Sublime Text 3
  7. ソースコードのインデントを一瞬で自動整形するSublime Text 3のテクニック
  8. 【保存版】Sublime Text 3のショートカットキーの一覧(Windows/Mac)
  9. Symfony2 MonologのSlackHandlerを使ってSlackにエラー通知を送るBotを設定する

関連記事

  1. Gravator
  2. WordPress 子テーマ 解説
  3. パソコン
  4. Sublime-Text-3-ReIndent
  5. コードが書かれたモニター
  6. ピンクの手帳とカラーの付箋

PR

カテゴリー