WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

パソコンの画面を簡単にキャプチャできるフリーソフト「Rapture」

この記事は約1分54秒で読めます

おにぎり おむすび イラスト
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

ブログを書いていると画面のキャプチャを撮って説明したいときってありますよね。
特にパソコンで使うツールを紹介するときはよくスクリーンショットを撮ります。

今回は画面コピーを撮るのにオススメの「Rapture」をご紹介します。

「Rapture」を使わない場合

  1. 「PrintScreen」キーでクリップボードに画面を保存
  2. Windows標準の「ペイント」ツールを立ち上げる
  3. 「Ctrl+V」でペイントに貼り付け
  4. 必要な部分を切り取る
  5. 名前をつけて保存する

と非常にめんどくさい作業になります。

「Rapture」を使う場合

  1. 「Rapture」を起動する
  2. 必要な部分をマウスで範囲選択する
  3. 画面キャプチャができるので名前を付けて保存する

通常より3工程くらいショートカットできます。
スクリーンショットはbmp,jpeg,png形式で保存できます。

Raptureの使い方

Raptureのダウンロード

Rapture2.2.0

Vectorからダウンロード

rapture-x.x.x.zip

上記のファイルがダウンロードされます。
(xはバージョン番号)

Raptureのインストール手順

Rapture2.2.0 インストール

ダウンロードした「rapture-x.x.x.zip」を解凍します。
「rapture-x.x.x」というフォルダが作成されます。

ダウンロードフォルダやデスクトップに置くと煩雑になってしまうので
ツールを管理しているフォルダがあればそこに移動してください。

Rapture2.2.0 インストール

私は「C:\tool」というフォルダを作成してその中に入れています。

インストール作業はこれで完了です。

タスクバーに登録して使いやすくしよう

「rapture-2.2.0」フォルダ内の「rapture.exe」をタスクバーに登録したり
デスクトップにショートカットを作って使いやすくしましょう。

タスクバーの登録はドラッグ&ドロップで行えます。
ショートカットは「rapture.exe」を右クリック→送る→デスクトップ(ショートカットを作成)

Rapture2.2.0 タスクバー

おにぎりのアイコンが「Rapture」です。

フォルダを開いて起動すると、そのフォルダが邪魔になるのでタスクバーから起動しましょう

「Rapture」の簡単な操作方法

ドラッグ操作

「rapture.exe」起動時にキャプチャ領域が選択できるようになっています。
キャプチャ領域をドラッグで選択できます。

左クリック

クリックした位置にあるウィンドウ全体をキャプチャします。

右クリック

領域選択をキャンセルし、終了します。

他にも編集機能で線を引いたり、テキストを入れることもできますが
画像編集ソフトに任せたほうが良いでしょう。

備考

ちなみにこのツールは
『画面上の指定した範囲だけをキャプチャして、最前面に表示させておくためのソフトです。』

ということで付箋としても使えます。

関連記事

  1. 気泡がぶくぶく上昇中
  2. Blue Stacks PC Android
  3. 虫眼鏡を覗きこむOL(検索)
  4. クエスタント
  5. ペンとノート
  6. ピザ カットイメージ

PR

カテゴリー