WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

MAMPのPHPにパスを通す方法

この記事は約56秒で読めます

MAMPのPHPにパスを通す方法
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

追記

Operation not permittedが発生した場合はこちらの記事を参照ください。

WindowsからMacに乗り換えた私ですが、MAMPのPHPにパスを通すという初歩的なところでつまづいたので、MAMPのパス設定でお困りのあなたに情報共有したいと思います。

php5.6.10が一番新しいバージョンだったので、これを使います。

※以降のコマンドはご自身のMacのPHPのバージョン、パスに置き換えて実行してください。

~/.bash_profileファイルにパスを追記する方法

:wq~/.bash_profileファイルを保存する。
/Applications/MAMP/bin/php/php5.6.10/binこのパスを追加しました。

ターミナルを再起動するか下記コマンドで設定を反映させます。

whichコマンドでパスが変更されたこととPHPのバージョンが変わっていればok

元々のPHPのパスにシンボリックリンクを作成してMAMPのPHPに繋ぐお手軽な方法です。
ただし、この方法はMacを再起動するとtmpフォルダが削除されてしまうのでご注意ください

こういう方法もありますよってお話です。

参考サイト

関連記事

  1. スカイプロゴ
  2. MacBook Airのキーボード
  3. Mac OS X 10.11.1 EI CapitanでOperation not permittedエラーメッセージ
  4. MAMP
  5. google
  6. Kindle for Mac MacでAmazonの本が読める!

PR

カテゴリー