WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

作業効率が格段に上がる!爆速のローカルファイル検索ソフト「Everything」

この記事は約2分4秒で読めます

虫眼鏡を覗きこむOL(検索)
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

Windows標準の検索って
遅い上に結果も見づらいし使いにくいと感じたことはありませんか?

そんなあなたにオススメする爆速のローカルファイル検索フリーソフト
「Everything」を紹介します。

Everythingとは

シンプルかつ高速なファイル検索ソフトです。
ハードディスク内に存在するファイルやフォルダーをデータベース化することで
超高速なファイル検索を可能としています。

正規表現で検索できるので上級者にもオススメするソフトです。

キーワード入力するとほぼ一瞬で結果表示される速度は
ファイル検索ソフトの中でも随一です。

Everythingの公式サイト|voidtools

導入方法

インストーラータイプ(exe)と
ポータブルタイプ(zip)

が用意されています。
ポータブルタイプはUSBなどに入れて持ち運べます。

公式サイトは英語サイトですが
ソフトは日本語対応されているので問題なく使えます。

インストーラータイプの導入

Everythingダウンロードページ

Everything-x.x.x.xxx.exe
Everything.lng.exe

ダウンロードページから
本体と言語パックをダウンロードしてください。

  1. 本体ををインストールしてください。(全てデフォルトのままでok)
  2. 初回は日本語化を行うのでタスクトレイアイコンを右クリック→「Exit」で終了してください
  3. 言語パックをインストールしてください。

ポータブルタイプの導入

使い方

Everything

テキストボックスに探してるファイルorフォルダー名を入力してください。
検索オプションは検索メニューから指定できます。

  • 大文字小文字の区別
  • 単語に完全一致
  • フォルダー名にマッチ
  • 正規表現

それから項目名を右クリックすることで
表項目の設定が行えます。

  • 名前
  • フォルダー
  • サイズ
  • 拡張子
  • ファイルタイプ
  • 更新日時
  • 作成日時
  • アクセス日時
  • 属性

表示したい項目はチェックを入れてください。
順番も項目名をドラッグすれば順番を並び替えられます。

私は「名前」「サイズ」「更新日時」「フォルダー」の順に表示しています。

また、検索結果のファイルを右クリックすると
そのファイルのフォルダーを開いたり、パスをクリップボードにコピーできます。

オススメの設定

ツール > オプション > [表示]タブ

  • ツールチップを表示する
  • 行を強調する
  • 選択した項目をステータスバーに表示する
  • 検索ワードが未入力のとき、結果を隠す

ツール > オプション > [除外]タブ

  • 隠しファイルとフォルダーを除外する
  • システムファイルとフォルダーを除外する

デフォルトの場合はゴミ箱の中まで検索してくれます。
普通に使う場合はゴミ箱まで漁ることはないと思うので除外にしておきましょう。

すぐに使えるように設定する

ツール > オプション > [全般]タブ

  • コンテキストメニューに追加する
  • スタートメニューに追加する
  • デスクトップに登録する
  • クイック起動に登録する

チェックを入れておくと使いたいときにすぐ使えます。
お好みでどうぞ。

関連記事

  1. パソコンから遊ぶ!剣と魔法のログレス いにしえの女神
  2. Gravator
  3. Sublime Text 3 CSVデータにするテクニック
  4. クエスタント
  5. WordPress 子テーマ 解説
  6. ピザ カットイメージ

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー