WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

【感想】第3回ブロガーズリスク分散勉強会~漫画やキャプチャー画像の適切な引用を学ぶ~

この記事は約7分25秒で読めます

第3回ブロガーズリスク分散勉強会~漫画やキャプチャー画像の適切な引用を学ぶ~ #blogbunsan
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

ブログ運営と著作権について弁護士に教わる勉強会を開催しました。顛末と展望。 #blogbunsan

奥野 大児さん(@odaiji)、あきおさん(@akio0911)主催の「第3回ブロガーズリスク分散勉強会」に参加にしてきました!
漫画やキャプチャー画像の適切な引用方法の仕方を現役の弁護士の方から直接講師してくださるという素晴らしいイベントです。参加費も安く、これを逃しては絶対に損だと思って、即参加を申し込みました。(勉強会の3日前に)

著作権に関しては『引用の範囲内での使用であればok』ということが1番のポイントです!

第3回ブロガーズリスク分散勉強会~漫画やキャプチャー画像の適切な引用を学ぶ~ #blogbunsan

ブロガーズリスク分散勉強会では単一のサービス・アプリケーションに頼らずに安定したブログ運営をできるための手法を学び、共有します。また、ブログを適切に運営するためのリスクを軽減するための知識を共有します。

第3回のテーマ

漫画やキャプチャー画像利用の権利を正しく知ろう

講師の紹介

今回、講師をしていただくのは「橘 大地」弁護士。

グーグル先生に聞いたところこんな人らしい。

  • 神奈川県横浜市生まれ
  • 父 司法書士、兄 弁護士
  • 企業内弁護士で活躍中!

橘 大地|GVA法律事務所
橘 大地さん人生インタビュー

橘先生自身もブロガーとして活動しているようです!

セミナーを受けるときはまず、どんな人が講師なのか?
を調べるところから私は始まります。

胡散臭い人だったら、セミナー受けたくないですから・・・
今回は現役の弁護士から著作権など詳しく聞ける機会はそうそうないと思ったので速攻で申し込みました!(3日前)

仕事休めるかどうかもあったのでギリギリまで参加人数とにらめっこしながらスケジュールを調整しておりました。

参加した理由

私のブログ、ゆとりっちでも漫画やアニメに関する記事を書くことがあります。

他にも小説やアニメなどを取り扱いたいときなど。
何が良くて、何がダメなのか、線引があいまいになっているところもありますので、今回セミナーをしっかり受けて今後の記事に活かしていきたいと思います!

感想

ここからは勉強会後日に記事を書いております。

当日は受付2時間前から近くのカフェにスタンバってました。
近くにあったカフェ・ラ・コルテはカフェラテ260円、パスタ550円で経済的によかったです。

今後の作業カフェの候補に入れておこうと思います。

勉強会の内容について

まず、軽食のサンドイッチが美味しかったです。(6つくらい食べました)

slideshareにて、勉強会で使用されたプレゼンが無料で公開されています。
興味のある方は御覧ください。

【無料公開】「ブログ×法務」弁護士 橘 大地 ブロガーズリスク分散勉強会資料

「ブログ×法務」弁護士 橘 大地 ブロガーズリスク分散勉強会資料

資料が公開されているので私から特に言うことはないのですが、個人的に要点をまとめてみました。

ブログで著作物を扱うための個人的まとめ

著作権の特徴

  • 無方式主義
    • → 制作すると、自動的に著作権が発生する
  • 保護されるのは「表現」のみ
    • → アイディアは保護されない
  • 保護期間
    • → 著作者の死後50年。ただし、海外の場合は死後70年

誰でも、何かモノを制作するとそれが著作物となり、著作権が発生します。
ただし、アイディアだけでは保護されないので注意です。

漫画なども著作権が切れていれば保護されないわけですが、例えば1989年に亡くなられた手塚治虫さんの漫画の著作権が切れるのは50年後の2040年になります。ドラえもんが自由に使える時代になりますが、その頃私は・・・まだ生きていると思いますが、50歳超えてますな・・・。あまり考えないようにしよう。

1世紀後に生まれた人はきっとハッピーになれそうです。
ちなみに海外は70年です。あと2年くらいしたらミッキーマウスが使えるようですが、期限延長もあるかもしれません。

著作権を気にせず漫画を読みたい人は絶版マンガ図書館で読みましょう!

絶版マンガ図書館は全巻、いつでも無料で読めるという画期的な電子書籍サイトです。作者さんの許諾を得て全巻公開されています。

話が逸れた気がしますが、次へ。

歌詞の引用について

歌詞は一般的に創作性があるため基本的に転載禁止です。
ただし、一フレーズのみであれば著作物性がなく、OKとなります。(ありのままで〜など)

NGな例

  • 歌詞を丸ごと全て転載する場合
  • 歌詞の一小節を丸ごと転載する場合
  • Twitter140文字でつぶやく場合

原則論

JASRACなどから許諾をもらう。
JASRACは基本的に断ることはないので許諾は簡単にもらえますが、お金を支払う必要があります。

例外① 〜引用の範囲内での使用はOK〜

  • 他人の著作物を引用する「必然性」がある
  • 「自分の著作物」と「引用部分」とが区別されていること
  • 自分の著作物と引用する著作物との「主従関係」が明確であること(主が自分の記事)
  • 「出自の明示」がなされていること

自分の書いた記事と参考元となる著作物との割合が8:2、7:3くらいの割合で書かれてあれば引用の範囲内と認められます。

例外② 〜JASRACとの包括契約〜

例えば、アメーバブログやSeesaaブログ、YouTube、ニコニコ動画、ツイキャスなどJASRACと包括契約を結んでいるサービスであれば引用せずとも歌詞を載せたり、歌ってみたなどの動画を投稿することが認められています。もちろんJASRACが管理している音楽に限られます。PV(プロモーションビデオ)になると今度は肖像権などの問題がありますので注意してください。

利用許諾契約を締結しているUGCサービス一覧
JASRAC管理楽曲検索データベース

他人の投稿文章(コメントなど)の転載について

  • おはよー
  • こんにちは。ブログ面白かったです!
  • ブログ参考になりました!
  • くそすぎるww

のような、定型文章は誰でも思いつくありふれた表現なので、他人の投稿をそのまま転載してもOK

2ちゃんねるのまとめサイトの場合(許可ない場合)

スレッドの中の、面白い投稿を複数そのまま掲載しているので、中には画像や長文をそのまま転載しているので、ほとんどの2ちゃんねるまとめブログはほとんと著作権違法と言えます。(単純なコメントで構成されたものはOK)

ただし、2ちゃんねるの場合には非営利運営者や事前に登録しているまとめサイトには、寛容に許諾している事例もあるので、実際には2ちゃんねるまとめサイトは作りやすいです。アフィリエイトで利益を出したい方にはオススメだそうです。

自分のブログに対するコメントの転載も基本的にNG

自分が運営しているブログといえど、コメントを投稿した投稿者自身に著作権が発生するので、NG!

ただし、利用規約などで「投稿したコメントはいつでも転載可能」など旨を事前に記載しておくことで運用することができます。

Twitterなどの他人の投稿を掲載する場合

基本的には転載禁止です。
ただし、Twitterを埋め込みで掲載する方法はOK(YouTubeも同じです)

漫画の引用について

大前提:漫画のコマは著作物

これも引用の範囲内といえるかがポイントとなります。

漫画の引用元をちゃんと記載することが大切です(タイトルと作者名)
漫画のコマをたくさん切り貼りして、一言感想書くだけのブログは主従関係が逆になっているのでNGです。

それから他人の著作物を引用する「必然性」があること。
LINEのスタンプのような使い方は引用する必要がないので引用元の記載があってもNGです。

解釈や批評など、自分の論を補足するためにコマを切り貼りすることは引用の範囲内と認められます。

他人のサイトのリンクは貼ってもいいのか?

ハイパーリンク、ディープリンクは著作物ではないので基本的にok
ただし、フレームリンクという自分のページのフレーム内に他人のページを表示する方法は著作者人格権の侵害となる可能性があります。

芸能人やスポーツ選手は掲載していいのか?

広告(PV数アップ)目的ではない写真に関しては認められる

批評論評の目的で、批評に欠かせない自分角特定の趣旨での引用に関しては認められます。
それ以外はPV数アップのための広告目的と認定される可能性があるため、基本的にオススメできません。

新商品情報などをブログに掲載していいのか?

これもブログに掲載するレビューの引用の範囲内といえるかどうかがポイントです。

書籍の内容は書いていいのか?

これも単純な文章の抜粋以外は創作性があり、引用の範囲内といえるかどうかがポイントです。
ただし、本の内容を要約して記載する場合は翻案権という権利の問題があります。

ゲームや映画のレビューは書いていいのか?

ゲームの攻略ブログやプレイ動画などは堂々とゲームのキャプチャ画面を掲載して攻略内容を記載していたり、ゲームのレビューを行っています。

これも引用の範囲内であれば問題はありませんが実際にはキャラクター画像を多く使用したり、パラメータや攻略情報を記載しているため、その画像を使う必然性がない事例が多い。動画の場合も同様です。

マインクラフトやフリーゲームは動画配信などを許可しているゲームなどもあります。
攻略サイトもゲームが盛り上がることもあり、認めている(見逃している?)ゲームもあります。

グレーゾーンな部分も多いので、注意が必要です。

映画のレビューは問題ない場合が多い

映画のレビューの場合には、一般的に映画のワンシーンなどを用いない場合が多く、著作権法上の問題を抱える場合が少ない。
ネタバレも書いたからといって直ちに著作権の問題にはならない。
要約に関しても書籍に比べると問題にならない場合が多数。

テキストの類似性は一律の基準が難しい

コピペサイトは論外ですが・・・
ポイントは類似している箇所を抽出し、その箇所が創作性を有しているかの視点

パロディであっても著作権法上はNG

サムネイルなどで芸能人やキャラクターを使用していいのか?

SNSでよく使われるアイコンですが、著作権違反となります。
非営利で使用していても、公に使用しているので私的複製になりません。

そして、このまとめは引用の範囲内と言えるのか?

橘先生に訴えられたら勝てる気がしないです。
大事なところを抜粋しようと思ったら全部大事なところだったパティーンです。

無料公開されているスライドは枚数は多いですが、実際にはテンポよく進んでいて分かりやすかったです。
ぜひ一度読んでおくことをおすすめします。

「ブログ×法務」弁護士 橘 大地 ブロガーズリスク分散勉強会資料

勉強会後の飲み会が超楽しかった!

勉強会後は橘先生にくっついて飲み会に参加させていただきました!

弁護士(研修生含む)6人、ブロガー2人の8人で超盛り上がりました!
ところで弁護士さんって美男美女多いんしょうか・・・。

頭よくて顔も整っていて、給料も高いんですな・・・(新入社員で月25万なのか。#すげー)
いやぁ、もうそれに比べて私って一体・・・。

橘先生いわく、おとなしい人は向いてないとのことでチャラい人を採用するんだとか(笑)

弁護士になる目的が『困っている人の力になりたい』とか・・・言ってる人もいまして本当に尊敬します。

それにしてもあんなに盛り上がった飲み会も久しぶりでした。
(くっつけようとしてたらくっついてたことにはちょっと驚きました)

次もブログに関する勉強会がありましたら必ず参加します!

関連記事

  1. 爽快ロック!Silent Siren(サイレント サイレン)
  2. 動物占い チーター
  3. カラオケを歌うホスト風の男性
  4. 心做し|蝶々P
  5. 【Minecraft】うわっ・・・私の海面、高すぎ・・・?Part1【ゆっくり実況】
  6. アナと雪の女王「Let It Go 〜ありのままで〜」振付けてみた / CRE8BOY

PR

カテゴリー