WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

共起語の探し方

この記事は約1分23秒で読めます

書道 ドキュメント 古い スウェーデン語 歴史 レタリング
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

前回の記事では
記事タイトルで使われているキーワードや共起語を使うと
内部SEO対策、つまりはアクセス数アップにつながる。

→ ブログのアクセスアップのための記事の書き方(基本編)

というお話をしました。

「共起語ってどんな言葉を入れればいいかわかりません!」

っとお問い合わせから質問ありましたのでお答えいたします。
もっと、丁寧だったと思いますが・・・

共起語とは?

前回のおさらいになりますが、
共起語は「特定の言葉(ターゲットワード)」と「頻繁に、一緒に」使われる言葉です。

ターゲットワードは1番目立つ、「記事タイトル」に設定しましょう。

「共起語」に対して
「同義語」や「類義語」と混同してしまいがちですが、意味合いは異なります。

ただし、場合によっては「同義語」や「類義語」が「共起語」に含まれることもあるので注意が必要です。
また、「共起語」は検索エンジンなので「一緒に検索されやすいキーワードではない」ということもポイントです。

共起語の探し方

本題となる共起語の探し方ですが、
フリーのウェブサービスで共起語を検索するツールがあります。

共起語検索ツールの使い方

共起語検索ツール

このツールは単純に検索ワードを入力すると、
共起語として認識されていると思われる単語を出力します。

グーグルで検索されたTOP50サイトを母集団に共起語を抽出してくれます!

各ワードがどのくらい使われているかの登場数も表示してくれます!

記事を書く際の非常に便利なツールです。
ぜひブックマークしておきましょう。

→ 共起語検索はこちら

読み手を意識したコンテンツを作ろう

共起語検索で出てきたキーワードを全部使って記事を書いて
キーワードと関連性の高いページだと検索エンジンに訴えたとしても

記事自体が読みにくくなってしまっては元も子もありません。
共起語を使えばSEO効果はありますが、どのワードを使うか取捨選択は必要です。

まずは既に書いた記事の見直してリライトするのもよいでしょう。

関連記事

  1. 虫眼鏡を覗きこむOL(検索)
  2. コードが書かれたモニター
  3. ドトールコーヒー
  4. Sublime-Text-3-ReIndent
  5. 気泡がぶくぶく上昇中
  6. コードが書かれたモニター

コメントをお待ちしております

PR

カテゴリー