WordPressやSymfonyのTipsを中心にアニメや日常の出来事について語ります。
メニュー

ブログのアクセスアップのための記事の書き方(基本編)

この記事は約1分47秒で読めます

ブログアクセス数がどんどん増える!記事の書き方~基本編~
ゆっきー
ども、カフェブロガーの悠木です。 お気に入りのカフェはドトールコーヒーです。 14時からの限定スイーツ「シューシャポー」が大好きです。

ブログを書くのなら、なるべくたくさんの方に読んでいただきたいですよね。
そのためにはグーグルなどの検索エンジンの検索結果上位に表示されるほどアクセス数が多くなります。

読者のためになる記事を書くことも大切ですが、
検索エンジンにとってもわかりやすい記事構成をにするとより多くのアクセス数が見込めます。

検索エンジンに評価してもらうための方策を内部SEO対策といいます。
アクセス数増加をしようと考えたときによく耳にすると思います。

今回はその内部SEO対策の1つの基本的な記事の書き方についてご紹介します。
私のブログもこの書き方に沿って書いています。

記事の構成

私のサイトでは上記の構成となっております。
デザインテーマによって多少の差異はあるかと思います。

見出しを設定したときの効果

  • 読者は記事が読みやすくなる
  • 検索エンジンに記事の構造を伝える

適切な見出しを設定することによって
上記の効果があります。

検索エンジンからの流入を増やすためには適切な見出しの設定が大切です。

アクセスが増加する見出しの書き方

見出しレベルの順序を守る

<h2>→<h3>→<h4>……という順序を守ってください。

ぐっちゃぐちゃに見出しを設定しては
検索エンジンが正しく記事の構成を読み取れません。

<h4>から始めたりしてはいけません。

通常のテーマは記事タイトルに<h1>を割り当てていますので、
記事内の見出しは<h2>~<h6>を使ってください。

見出しに記事タイトルのキーワードや共起語を含めよう

見出しには記事タイトルに関連するキーワードや共起語を含めましょう。

例えば記事タイトルに「WordPress」という単語があるのなら
見出しにも「WordPress」という単語をつけた方がより検索されやすくなります。

共起語とは簡単に言うと関連ワードです。

WordPress」で例えると

ホームページ」「ブログ」「プラグイン」「初心者
といった単語が共起語になります。

このようにそのキーワードを使ったときに一緒に使われそうな言葉を選びます。

無理して付ける必要はありませんが、
なるべく意識して見出しを付けるよう心がけましょう。

まとめ

ブログ記事の構造、見出しの書き方についてご紹介しました。
もしわからないことや疑問点がありましたらコメントください。

このようにしっかりと記事を書いていくことが内部SEO対策になります。

ページの上位表示、アクセス数アップを目指してがんばりましょう!

関連記事

  1. 段落、改行タグの正しい使い方
  2. ドトールコーヒー
  3. アヒルちゃんと英文紙

PR

カテゴリー